日焼け止めの「SPF30・PA++」について

 

「SPF30・PA++」日焼け止めを買う時に、こんな表示を目にしますね。

 

日焼け止めの効果を表していることは知っていると思いますが、実際にはどういうことかを知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

まずはSPFはサン・プロテクション・ファクターの略で、日本語にすると紫外線防御指数です

 

肌をUVBをからどれだけ守れるかを表します。SPFの横に標示してある数字が30の場合だと、日焼け止めを塗らなかった時と比べると30倍の時間、UVBから肌を守ってくれるという目安です。

 

日焼け止めを塗らずに陽射しの下にいた時に、20分くらいでひりひりと赤くなる人は、20分×30になるので、約600分の間日焼け止めの効果が続くということです。600分は10時間ですので、1日外出をしていても充分な効果です。

 

今はSPF50も売られていますが、20×50は1000分です。こんなに長い間、太陽は照っていません。強い日焼け止めは、その分肌への負担も大きくなります。

 

特に気をつけたいのは紫外線吸収剤です。紫外線からも肌リスクからも肌を守れる日焼け止めを選びましょう。

 

PAは、UVA防御指数「Protection Grade of UVA」です。

 

UVAが肌に与える影響は個人差が大きく、きちんと数値化するのが難しいために+の数で表しています。

 

「PA++」はかなりの効果が認められるので、日常生活における防御は充分。「PA+++」効果が非常にあるために、強い陽射しの下でも十分に使えます。

 

長時間強い陽射しの下にいるときには、小まめに日焼け止めを塗り足す方が強い日焼け止めを使うよりも効果的です。また帽子や日傘も活用をして降り注ぐ、紫外線から肌を守りましょう。

 

特にUVAは波長が長いために肌の奥深くまで深刻な影響を与えます。曇りの日でもガラス越しにいても私たちの体に入ってきます。

 

UVAに長時間当たっても、赤くなるなどの分かりやすい症状がありません。季節を問わず一定量のUVAが常に届いているので特に注意が必要です。