HANAオーガニックの成分

 

HANAオーガニックの化粧品はすべて天然100%です。石油から作られた成分は一切含んでいません。原料となる植物のほとんどは各国でオーガニックの認証が証明されているものです。

 

ここまで徹底しているHANAオーガニックはどんな成分で作られているのでしょうか。オーガニックコスメには副作用の心配はないのでしょうか。

 

まずは多くの人が当たり前に使っている、化学化粧品を見てみましょう。身の回りにある化粧品がどんな成分で作られているか知っていますか?

 

一般的な化学化粧品の場合、ひとつの化粧品の中で一番多い成分は精製水です。

 

精製水とは不純物が取り除かれた水のことを言います。値段が安すぎる化粧品には質のよいものが使われていないことがありますので、気をつけましょう。

 

その他の成分は化粧品の油分として石油から作られたものが配合されています。油分と精製水の分離を防ぐために、同じく石油か作られた界面活性剤。化粧品の腐敗を防ぐために、パラペン、フェノキシエタノールが使われていますが、防腐剤も石油由来のものです。

 

もちろん有効成分も入っています。

 

例えばですが、何かの植物から抽出したエキスを使います。たいていの化学化粧品では、このときに化学薬剤を使って有効成分を不自然な形で取り出してます。

 

HANAオーガニックのコスメも成分の配合割合はだいたい同じです。ただ、ひとつひとつの成分そのものが安心できる天然素材という点で全く別のものに仕上がっています。

 

まず、HANAオーガニックでは精製水を配合成分には使いません。水の変わりにローズウォーターを使用します。ダマスクローズの花を丁寧に蒸留方法で抽出したものです。

 

乳化剤の役割にはオリーブを使っています。大根から抽出した成分を防腐剤として使用。乳酸菌を使って大根の根を発酵させると防腐作用のある液が作り出されます。

 

そして天然素材から作りだされた様々な有効成分が美肌を引き出すために使われています。

 

コスメによって使われる成分は変わってきますが、HANAオーガニックでは副作用の可能性がある化学薬品、石油から作られた防腐剤などは一切使っていません。すべてが天然素材の上に、エキスの取り出し方にも徹底していますので、副作用の心配はありません。

 

アレルギーを持っている人は、原料の成分に反応が出る可能性があります。肌が敏感な人もまずはパッチテストをされることをお勧めします。