HANAオーガニックの効果的な使い方

 

1日のうち、肌の再生能力が一番高まる時刻を知っていますか?

 

それは夜中の12時〜2時までの2時間です。この時刻に紫外線からの肌ダメージの修復が一番活発に行われます。

 

素肌の持つ力でターンオーバーが起こり、シミやくすみを押し上げて元の美肌に近づけていきます。この時間帯に質のよい睡眠をとっていることが不可欠です。そして眠りにつく前に、肌に何をするかでこの2時間の働きに大きく違いが出てきます。

 

また夜の肌は昼間の肌とは違いとても敏感になっています。デリケートな時間帯に入る時に強い化学化粧品を使うことはお勧めできません。

 

夜には夜の肌のことを考えたオーガニックコスメで肌の自然治癒力をサポートすることを提案します。

 

肌の仕組みをきちんと理解しているHANAオーガニックのムーンナイトミルクは夜眠る前に使うことで、効果が最大限に得られます。ムーンナイトミルクにも使われている、ダマクスローズの美肌成分は肌の再生能力が一番働く夜に使用すると最も効果が現れます。

 

夜眠る前にHANAオーガニックを使うことが、効果を余すことなく使うはずせないポイントです。

 

敏感になっている肌を優しく守りながら肌の再生能力の手助けもします。

 

「私史上、最高の肌」を実現するためには、正しい洗顔も重要課題です。肌のことを考えた洗顔をすることで、ムーンナイトミルクやアーユスオイルの美容成分の効果が一段と高まります。

 

洗浄効果の強い石鹸やクレンジングを使うと汚れや肌にいる悪玉菌だけではなく、お肌を守っている善玉菌までも洗い流してしまいます。古くなった角質や残ってしまった汚れは、悪玉菌の格好のエサになるので、しっかりと汚れを落とすことはもちろん大切です。

 

健康な肌は善玉菌の数が優位にある状態です。善玉金が減少すると肌が突っ張ったり、カサカサと乾燥してきます。これでは逆効果、最高の肌は遠のいてしまいます。


正しい洗顔方法をご紹介

 

まずは肌に優しい石鹸を選びましょう。

 

汚れを落とす役目の油分に美容成分がいっぱい入っているものがお勧めです。シリコン、マイカが入っていると、毛穴が詰まってしまいます。成分表できちんと確認をしましょう。

 

  1. 水かぬる目のお湯で顔を洗い流します。
  2. できれば泡立てネットを使って、キメの細かい泡を作りましょう。
  3. 泡だけで洗顔をします。手が触ってしまう場合は泡が充分ではありません。
  4. 水かぬるま湯でしっかり洗い流します。

 

HANAオーガニックの洗顔料・ピュアリクレイは天然の海面活性成分を持つソープナッツとシアバターとココナッツオイルを使って作っています。確実に汚れは落としますが、善玉菌は傷つけません。

 

HANAオ−がニックの洗顔石鹸・ピュアリキューブは良質の植物油と花精油をふんだんに使った極上の石鹸です。

 

非加熱製法でつくり、仕上がりまでに1〜2ヶ月かかります。天然の美肌成分を生きたまま濃縮している夢のような石鹸です。

 

正しい洗顔をすることが、美肌効果を手に入れる最初の一歩です。

 

そして、その正しい洗顔をした肌にムーンナイトやアーユスオイルを使うことが、HANAオーガニックの効果が最大限に出る方法です。

 

⇒HANAオーガニックのデメリットとメリットまとめ!